和紅茶 公式サイト

山霧の香り和紅茶

美味しいお茶を生み出す自然条件は、3つあると言われております。
日照時間が短く、寒暖の差が激しくそして、霧が多発すること。

山霧の香り和紅茶は生育場所は、山間部のため日の出は日の入りは早く
日照時間は限られます。

また、標高が高い山間地であるため、昼夜の寒暖の差が激しい地域です。
その標高による冷涼な気候のお陰で全く農薬散布をする事無く年月が過ぎました。

農薬を散布されず、病害虫にさらされるチャノキは、
寒暖の差によるストレスのみならず、病害虫ストレスを受けます。
チャノキは香気成分を醸成する事が解明されておりますから、
隠れ茶の香りの高さも、理論から納得できるものです。

経験と技術がある和紅茶!



和紅茶'山霧の香り'が美味しいのは、寒暖差が大きく、
霧が発生する梅ヶ島の独特の自然環境に経験と技術があるから!
紅茶の香りに影響を与えると言われる'萎凋'工程では
手作りで何度も改良した萎凋機を使い、摘み取った茶葉を時間をかけて
しおれさせることで、'香り成分'を最大限に醸成させます。
その結果、2煎目も美味しく飲めるほど葉ヂカラの和紅茶が生まれました。
和紅茶'山霧の香り'をご賞味ください。




和紅茶 山霧の香り≪楽天ポイント付でお得!


| このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。