和紅茶 公式サイト

和紅茶の特長

嗜好の変化により和紅茶の消費が伸びており、
安全で品質の良い和紅茶への要望が高まっています。

和紅茶の最大の特長は、やはり国産茶葉を使用していること。
安心・安全な栽培であることはもちろん、
国産の茶葉ならではの豊かな香り・風味が引き出せます。



もともと緑茶も紅茶も「茶の木」から作られますが、
緑茶は非発酵茶ですが、紅茶は発酵茶です。

ですから、茶の木の品種の中でも、
緑茶に向いている品種、紅茶に向いている品種というものはあります。

和紅茶は苦味、渋みがなく、
やさしく甘い味わいの紅茶になる茶葉が適しています。



そもそも、日本はインドなど、多くの紅茶生産国よりは
北方に位置していて、気候が冷涼であるため、
これまで寒さに強い和紅茶の品種研究と品種改良がなされてきました。

明治時代より、アッサム種が導入され日本在来種との交配が
行われており、寒さに強く、栽培に適した和紅茶の優良品種が多く
育成されています。

その点、静岡は、和紅茶の生産地の中でも北限に近い地域なので
静岡の和紅茶は軟水に合い、和紅茶ならではの風味が
特によく出るのが特徴だと言えます。

静岡産の和紅茶の場合、
和紅茶ならではの豊かな香りと風味が引き出しやすいのです。



和紅茶が持つ豊かな香りと甘美にして深い味わいを
ぜひ、じっくりと味わってください。




和紅茶 山霧の香り≪楽天ポイント付でお得!


| このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。