和紅茶 公式サイト

静岡梅ヶ島の和紅茶の評判

静岡梅ヶ島の和紅茶が、なぜ、香りが高いという評判なのか?

和紅茶「山霧の香り」では、和紅茶ブレンダーの
岡本啓氏(紅茶専門店くれは店長)の3/25セミナー@「神楽坂ふしきの」にて
とても興味深いお話を伺いました。

受講者のお一人のご質問
「岡本さんは無農薬の和紅茶だけを扱っていらっしゃるのですか?」に対し、
「いえ、そういうつもりはないのですが、‘美味しい和紅茶’を探していたら、
いつの間にか‘無農薬のもの’ばかりが集まっていたんです。」

美味しい=無農薬、どうせなら、こういう和紅茶を購入したいものですよね?

その理由に思い当たることがありました。
京都大学名誉教授坂田完三氏による「チャノキはストレスを受ける事で
香り成分をより多く醸成する」というものです。
農薬によって、害虫や病気から守られているチャノキよりも、
無農薬のチャノキの方がより「病害虫にさらされるというストレス」を多く感じ、
香り成分の多いお茶になる…ということです。



静岡梅ヶ島の和紅茶「山霧の香り」の畑では24年間全く農薬を使用しておりません。
「山霧の香り」の香り高さは「生育環境」「茶農家佐野さんが24年かけて築いた技」に
加えて、農薬不使用による香り成分の醸成もあっての香りなんだ、とわかります。

香りへの評価が抜群に高い静岡梅ヶ島の和紅茶「山霧の香り」を
ぜひ、ご賞味ください。




和紅茶 山霧の香り≪楽天ポイント付でお得!


| このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。